2011年10月01日

Master Plan

惜しくも次点。
僅差か大差か、など関係なく結果が全て。
こちらも厳しい世界です。

ms1.jpg

続けて提案型のお仕事をお手伝いさせて頂く中、感じた事。

どの計画も災害が起きた場合、対策は万全か、又はそれがどうやって有効な役割を果たすのか。
提案の可否に関して、この部分に大きい比重があるように感じました。

今年前半の未曾有の天災が引き起こした被害の数々、
そしてついこの間続けて発生した降雨による各地の水害等。

日本てこんなに災害多かったっけ?
日本てこんなに危険が一杯だったのか。

「生まれてから何十年も住み続けて、こんな事は初めてだ。」

テレビのインタビューに答える現地の方のコメントが強く印象に残っています。

これからの新しく建つ建築物に関しては、その他は二の次、
防災とクリーンエネルギーを第一に考えた計画が基本となってきそうです。
【関連する記事】
posted by ASY at 09:40| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 建築パース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まいど。
家、、、今はどこに住んでも安心できませんねぇ。
でも木造とRC造なら間違いなくRCを選びます。
まっ、どっちにしても持ち家は買った後もメンテで結構かかります。

それを考えると、
最近、持ち家よりも賃貸のほうがいいのかなぁ、と考えてます。。。
いつでも新しいとこに引っ越せますからね^^。。。
Posted by アルビノデザイン at 2011年10月01日 11:47
アルビノさん毎度です!

ちょっと前から、住宅販売業の方が本音言うと持ち家は絶対損。ずっと賃貸で良い。
なんて言っているのをよく聞きますが、本当の所どうなんですかね。
1回試しに。という訳には行かないので何ともいえませんが…。

老後、年金の少ない自分に賃料や修繕費、固定資産税とか本当に払えるのだろうのか?とか感じています。

P.S.
男メシ期待してます(笑)


Posted by ASY at 2011年10月01日 14:44
ご無沙汰です。
建築関係者は、あの、あらゆる不動産や船や車が流される映像を見て、つくる側としてのショックもあったでしょうね〜
しばらくは仕事が手に付かなかったって設計者さんが言ってました。
地球がやっぱり怒ってるんですかね〜
地球を壊しといて、はい次って他の住めそうな星を探してる人間もある意味恐い。。
Posted by プライズ at 2011年10月03日 19:30
おっとプライズさん毎度です!
ご無沙汰です!

もし自分の家が流されたら…はっきり言って想像が付きません。。。

地球が怒ってしまってはもうお手上げかもしれませんが、
僕らの何世代か後に地球・世界・日本は一体どうなっているんですかね。

この一、二年で色々な面で新しく興味を持ったり、考え方が変わった人も多いと思います。
果たしてこの不特定多数の人の意識の変化で世の中はどれくらい変わっていくのでしょうか。
Posted by ASY at 2011年10月03日 22:12
ご無沙汰です。
建築関係者にとっては、あの、あらゆる不動産や船や車が流される絵は、
作り出す側としてのショックもあったようです。
震災以後しばらく仕事が手に付かなくなったって設計者の方が言ってました。
自分の携わった建築物が一瞬でもくずとなる・・・
僕たちが作ってきたパースのデータが入ったPCが落雷で一瞬で跡形もなく消えたら・・・
全然比較にもならない位小さい事だけど、それだけでもかなりショック受けると思うし。
ただ、悲しいかな、それを引き起こしたのもまた人間で。。
競争社会で頑張って働いて社会が発展すればするほど地球を壊すことに繋がり、
それが多くの人が犠牲になる災害に繋がり・・・
そして一方では地球が駄目になった時の次の星を探してる。
人間ってちょっと恐い。。
Posted by プライズ at 2011年10月04日 00:30
すいません
コメント送信失敗したかと思い、思い出しながらまた書いてしまいました。
スルーしてください。
Posted by at 2011年10月04日 00:33
プライズさんおはようございます。

困難にぶつかると一旦立ち止まるのですが、
結局税金も地球の資源も使い切るまでいってしまう。
人間の性(さが)なんでしょうかね。
Posted by ASY at 2011年10月04日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック