2011年08月09日

Protection against disaster


東日本大震災発生から5ヶ月が経過しようとしています。

連日、被災地での悲しいもの、不安に感じるもの、前向きで明るいもの、様々な情報が飛び交っています。
まだまだ問題が山積みで遠く長い道のりが続くでしょうが、
被災された方にはめげずに頑張って欲しいです。


先月、義父母がうちを訪ねてくれて話をしていたのですが、
彼らの住む村でも今回の震災の影響を受け、本格的な防災訓練が計画されているようでした。
結構な数の世帯が参加し、地元消防団の協力を得て安全な避難経路の確認、
比較的手に入りやすい物での救急用具の作り方の講習や
実際に避難場所にて炊き出しまでやられるそうです。

皆さんはもしもの時、
いま自分の居る地点からだと何処へ避難すべきなのか、そこへ行くにはどういう経路を辿れば安全なのか、
配給品は何処で手にする事が出来るのか等、既に把握出来ていますでしょうか。

何となくでも知っているのと知らないのとでは大きな違い。

一番手っ取り早いものでは、
各自治体HPにて防災情報マップなるものもあったりします。

一度は確認して知っておくべきかもしれません。

【関連する記事】
posted by ASY at 14:15| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まいどぉ。
防災訓練・・・したことないなぁ。。。
町内であれば参加するんですが、
特になんにも聞かないです。
確か小学校が避難場所のはず、、、
坂を1.5キロほど下ったところ・・・遠いなぁ。。。

Posted by アルビノデザイン at 2011年08月09日 15:52
アルビノさん毎度です!
暑いですね〜。。。

そうですね。だいたい学校が指定されている事が多いと思います。
確かに大掛かりな訓練は、現実的に厳しい所が多いかもしれませんよね。
物騒になってしまいますし、この辺りでも全く聞きません。。。
でも、これを機会に
集合場所はここや!と一度ご家族で打合せしとくといいかもしれませんね〜。

クーラーが効きすぎてクシャミしながらやってますが、
アルビノさんもご自愛くださいませ。
Posted by ASY at 2011年08月09日 18:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック